PICT5671.JPG 久しぶりにさくらんぼ畑に行ってみました。
すもも、桃、柿の葉は、もう散ってしまったのに、さくらんぼの葉は、まだ青々していました。
写真の木は、佐藤錦(品種)の木です。
もう随分雨も降らないので、そろそろお湿りが欲しいところです。
来年また良い花を咲かせるためにも、この時期の水分も必要です。
天気予報では、あさって雨のようです・・・降るかな~?
PICT5670.JPG
最近めっきり寒くなりました (-_-;)
ここ二日ほど冷たい北風が吹いたせいか、柿が随分乾燥してきました。
あんぽ柿で食べるには、あと一週間で食べられそうです。
食べると、外がサクっとしていて、中はとろ~り・・・・今年のできは上出来です。
食べるのが楽しみです。(^^♪
PICT5606.JPG 大和百目と言う大きな渋柿の皮を剥いて、南アルプスの天然の風で、乾燥させます。
渋が強ければ強いほど、甘くなるそうです。不思議ですね。
また干し柿には「あんぽ柿」と「ころ柿」の2つ種類があるのを知っていますか?
大きな違いは、干す期間が長いか、短いかになります。
期間の短い「あんぽ柿」は水分が多く残り、やわらかい天然の和菓子として
お茶うけに良く合います。
一方、乾燥期間の長い「ころ柿」は、味が濃縮され噛めば噛むほど味が良く、
歯ごたえも楽しめます。
出荷は、あんぽ柿が12月に入ってからになりますが、仕上げは八ヶ岳からの
強いカラっ風まかせとなります。
1